2012.08.14 Tuesday

「がんサポート」という
がんの実用誌がある。
(ちなみに8月号は「乳がん最新特集」でした)

その中で、子宮頸がんになった洞口依子さんの連載
「紅珊瑚のブレスレット〜がんになって、考えたこと〜」が
掲載されている。

8月号のタイトルは、
「子供のように遊ぶこと」

子宮頸がんになって、
急激なカラダの変化についてゆけず、
心も病んでいたらしい。

さらに、再発への不安、
リンパ浮腫発症の不安、
更年期のような症状が重くのしかかり、

色々なことを試したり、挫折したりしながら
乗り越えてきたことが書かれている。

彼女の場合、沖縄の島に行き、
子供のように
無我夢中で「遊ぶ」ことで解放されていったそうだ。

「遊ぶ」ということ。

「自然」の中で、笑ったり、泣いたり
たくさん心を弾ませるということ。


それが大事だと。

そういやあ、先日の鎌倉でも、
妙本寺の木々や、
七里ヶ浜の広大な海に
とっても癒されている自分がいた。

なかなか
自然の中で遊ぶなんてことは出来ないけど、

せめて、

心を弾ませるような、

心を解放させるような「コト」を、

経験していきたいものですね。


ちなみに、今日はヨガで
ココロとカラダを解放してきました。

というか、
まだまだ体は硬いし、
深い呼吸法もいまいち習得できず、
解放には程遠いんだけどねぇぇ・・・汗



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

コメント一覧

  • また、うちにもおいで。モカが相手になって、子供のように遊びまくるから(^^)犬がいると自然と触れ合うことが多いよ。なんたって公園に行く確立100%。それもひたすら景色を見ながら散歩オンリー。
    一起がいた時も鵠沼、辻堂の海ばっかり行ってました。ぼーとして半日過ごす。ある意味贅沢なのかも。
    私は有難いことに、悪玉さんはあまりいない生活を自然とさせてもらえてるのもしれないね。

    [尚美] 2012/08/17 2:23 PM

  • 尚美、
    そうだね、またモカちゃんに会いたいよ。
    いまだにあの落ち着きのなさなのかな?
    あの、笑っちゃうくらいの落ち着きのなさが
    かわゆくて、懐かしい(^^)

    動物と触れ合うこと自体も
    一種の自然との触れ合いの
    ような気がするな。

    尚美もそんな時間を大切にしてね。

    [ろびん] 2012/08/18 1:32 PM

コメントする





このエントリのトラックバックURL

http://miyukilinji.blog.bai.ne.jp/trackback/198029

トラックバック一覧

Pagetop

Calendar

<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code