2013.08.17 Saturday

本日は、
「なにわ乳がんを考える会」の講演へ行ってきた。

テーマは、
「ホルモン療法について」。

いまだに、なんやかんやと副作用に悩まされている私。
少しでもヒントになるようなことがあればな〜と思い、
足を運んできたのでした。

私のみならず、
乳がん患者にとっては、
やはり、
非常に興味深い、
あるいは悩ましいテーマなのね。

用意されていた資料が全然足りなくなるほどの参加者で、
おそらく200名ほどは来ていたのではないかしら?

一つ目のお題は
「ホルモン療法に伴う関節痛の病態と治療
 〜整形外科的治療の有用性〜」

○ホルモン療法で発生頻度が増える
 ばね指、五十肩等は、整形外科的治療
 (ステロイド注入など)でほぼ完治する。

講演された先生の患者さんの中には
ツライ関節痛でホルモン療法をやめようかと悩んでいた人も
多かったそうだが、
整形外科的治療を受け、
結果としてホルモン療法を中止した人は
皆無だったそう。

「実は、乳がんの患者さんが
治療の副作用でこんな疼痛があるとは知らなかった」
と、本日講演してくれた整形外科の先生。

今後は、
症状があれば整形外科に紹介状を出すよう
乳腺の先生にも啓蒙し、
整形外科の先生にも、こんな症状で苦しんでいる方がいる
ということを啓蒙していきたいと。

こうやって、科を越えて、
QOLに対して理解してくれる環境が整っていくと
嬉しいけど、

そのためには、
患者も、やはり我慢せず、遠慮せず、
自分の症状を訴えることも必要なのでしょうね。


もう一つのお題
「ホルモン治療の秘密」についての
レポートはまた明日書きまーす。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

Pagetop

Calendar

<< August 2013 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code