2013.05.05 Sunday

絶賛4連休中のGWも明日で終わり(涙)

お出かけ日和の今日は、
奈良国立博物館の
「特別展 當麻寺-極楽浄土へのあこがれ」
に行ってきた。

お目当ては、4メートル四方の巨大な曼荼羅。

なぜだか自分でも分からないのだが、
「曼荼羅」という言葉に
とてつもないロマンを感じるワタシ。

いまどきの言葉で言うと、
「曼荼羅に萌え〜♪」てな感じでしょうか。


国宝でもある「綴織當麻曼荼羅」
(つづれおりたいままんだら)は、
763年に、極楽往生を願う中将姫の願いに応じ、
阿弥陀如来と観音菩薩が蓮糸で、
たった1日で織ったと伝えられている奇跡の曼荼羅。

なんと、一般公開は実に30年ぶりなのだそうだ。

1250年も経っている曼荼羅。
さすがに、織られている極楽浄土は
ほとんど消えかけていて、
遠目で見ると単なる茶色の織物なのだが、
再現された物を見ると、
その当時は、ため息が出るほど美しかったに違いない。

「當麻寺展」は6/2まで開催しているのだが、
このオリジナルの曼荼羅は明日までの公開だそうで、
いや〜、GW中に行っておいて良かった。

興味ある方は、
急いで行ってください(笑)。

時間を見つけて、
今度は、本当の當麻寺(奈良県葛城市)に
行ってみようと思う。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

Pagetop

Calendar

<< May 2013 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code