2013.02.09 Saturday

「人間ドックで石灰化って言われてん。
これって癌なん?」
と不安そうに友人から聞かれることが多い。

私もずっと人間ドックで「石灰化」と診断されていたから。

でもそれが癌になったのか、
それが癌だったのかどうかはよく分からなく。


以前、雑誌の「GLOW」の「乳がんをもっと知ろう」っていう
特集記事には、
〜がん細胞の死骸である‘石灰化'〜
なんて恐ろしい表現が。


ということで、
先日のゾラ13回目の診察の時に
ドクターに聞いてみた。

どうも、
石灰化には2種類あるらしい。

カルシウムの沈着で起きるものと、
がん細胞の死骸。

丸い形をしていて乳房内に点在しているものと、
変な形をしていて乳房の一箇所に固まっているもの。

前者は良性で問題ないけど、
後者は悪性、つまりがんの可能性があるとのこと。


日本乳癌学界HPにも以下のように書かれている。

〜石灰化とはマンモグラフィ上真っ白な砂粒のような影で、
乳房の一部にカルシウムが沈着したものです。
大きく目立ってみえ、乳房全体にばらけてみえるものは
良性であることがほとんどですが、
小さいものが一ヵ所にたくさん集まっている場合には
悪性を疑うことになります。

分かりやすいのは
京都府立医科大学のHP。

http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/breast/calc.html


★「石灰化」=「乳がん」ではありません。
★良性の石灰化が突然がんに変わることはありません。


だそうですよ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

Pagetop

Calendar

<< February 2013 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code