2012.12.08 Saturday

京都南座。
みなみざ

先日、中村勘九郎襲名披露の
「吉例顔見世興行」へ行って来た。
みなみざ2
3階席だったのでこんなアングルですが汗

実は、歌舞伎は全くのズブの素人なので、
失礼ながら、
途中、ちょっとこっくりこっくりしちゃった
ところもあったのだが、
非常に面白く鑑賞しました。


そしてそのすぐ後に、
勘三郎さんの死。

父親であり、お師匠でもあった勘三郎さんを
亡くした勘九郎さんと七之助の気持ちはいかばかりか。

それでも、舞台に立ち続けるお二人の心境は。

なんでも、
勘三郎さんは、
父親から、

「親の死に目に会えるような役者になっちゃいけないよ」

と言われていたそうだ。


何でもその道のプロという人がいるが、
勘三郎さんはまさしくそんな人だったんだろうな。

「形を持つ人が、形を破るのが型破り。
形がないのに破れば形無し」。

伝統を守り続ける責任と自覚、
そして、その厳しさを知っていたからこその、
様々な新しい試みへのチャレンジ。

それを体言してきた勘三郎さんの人生は
本当に格好いい。

そしてその勘三郎さんの格好いい姿は、
確実に息子さんたちに何かを伝えていたのだろう。

そんなプロフェッショナル集団の
お芝居は本当に美しいし、
見ていて気持ちよい。

一気に歌舞伎のファンになりました。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

Pagetop

Calendar

<< December 2012 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code