2012.01.31 Tuesday

抗がん剤が終了した後の血液検査の
腫瘍マーカーの値は
CEAもCA15-3もきれいに基準値内だった。

腫瘍マーカーとは、
体に腫瘍が出来ると特殊な物質が血液に出現するらしいのだけど、
その物質のこと。

CEAはがん細胞が増殖しているところから作り出されるもので、
CA15-3は特に乳がんの再発や転移のスクリーニングに有効だそうだ。

私の場合は、幸いなことに、
リンパには転移していなかったので、
勿論、体中に散らばっているかもしれない細かいがん細胞を
叩きのめす目的もあったけど、
どちらかと言うと今後の再発防止のための治療。

体が痛いわけでもなく、
何を食べてもいけないわけでもなく、
酒も飲んでもいいし、
私はいったい何と戦っているんだろう??と
自問自答することもしばしば。

抗がん剤が終わった今は、
「私、抗がん剤と、いや違う、抗がん剤の副作用と戦ってましてん。
がんと戦ってた?ちゃうちゃう〜!!」
と思わず答えかねない。

でも、この腫瘍マーカー、
がんが出来たからと言ってその値が高くならないこともあるし、
一筋縄ではないらしい。

実際、つい最近知ったのだけど、
乳がん宣告された時の値は、私はどちらも基準値内だった。

「腫瘍マーカーの値でがんかどうかがすぐ分かれば
こんな楽な仕事ないですよ〜」
とドクターが言っていたけど、
人間の体はそんなに単純ではないってことやね。

腫瘍マーカーはあくまでも判断材料の一つ。

骨に再発すれば骨が痛い、
肺に再発すれば咳が出る等
何らかの症状が出てくるらしいが、
これから10年に渡って
自分の体の症状と
今まで以上に、そして真剣に、
向き合っていかなくてはいけないってことか。

でも、老化か副作用かも分からなかった時が多かったんだけど、
今後も、これって老化?それとも再発?
て悩まなきゃいけないのかしらね・・・。
やれやれショック

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村



Pagetop

Calendar

<< January 2012 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code