2011.12.23 Friday

不覚にも、昨日、下唇を噛んでしまった。
そろそろ口内炎が出てくる時期だというのに・・・

なんと、愚かなろびんちゃん悲しい
すでに、今日の朝ごはんの食パンのミミが痛いよ。

でも頭痛はなく、おてもやんも心なしかひいてきたみたい。


さて、乳がん告知の当日。

実は、針生検の日に、MRIの結果がすでに出ていて、
そこでほぼガンだと言われていた。

ガン細胞って活発に活動をしているので
いっぱいの血液を必要とするらしいのだけど、
私の「そいつ」は、ものすごく血液を必要としていて
MRIで見ると、白く光ってた。

「この血流のグラフの形を見る限り、間違いないですね〜」
 でも、広がってはいないです。2センチくらいですね」

まあ、その頃には、きっとガンに違いないと覚悟はしていたから、
「悪性」という言葉よりも、
「広がっていない」という言葉に
安堵していたのを覚えている。

で、針生検の結果も、やっぱり「悪性」だった。

ここまで来たら、自分でもビックリするほど、
冷静に聞くことが出来ていた。

今後の治療の話、
手術の話、
手術前の検査(血液検査、心電図、胸部レントゲン)、
乳がん認定看護師さんとの面会も
たんたんと。

だって、もう突き進むしかないもんね〜。

でも乳がん認定看護師さんとの面会を設けてもらって
そうは言っても、
やっぱり心の中では不安が一杯やったんやなと
認識したかな。

とても気さくな方ということもあり、
出てくる、出てくる、質問が。

おかげで、疑問点は全てクリアになったけど、
手術の具体的なことも聞いて恐怖も倍増になってしまったけどね、
ハハハ。

で、私は、その頃、仕事上でもかなりストレスをかかえていたので
この際、ここは治療に専念しようと、
とりあえず、半年の診断書を書いてもらうことにした。

だって、ストレスも大きな原因っていうじゃなーい。
乳がんにとって悪いものは極力排除したかったし。

その診断書のタイトル
「左乳癌の疑い」

太字に、なんてでかいフォント数びっくり

「癌」って漢字で書くと、ものすごい威圧感。
「もうこの人死にます!」みたいな雰囲気たっぷりに
この診断書による告知に
一番やられたかも(笑)


ところで、
香港のセントラルのペダービルに17年間も君臨していた
「上海灘」の本店が賃料競争に負け、
アバクロになるというニュースを見た。

香港が大好きなろびんちゃん、
香港に行ったら必ず寄るお店だっただけに
うわ〜、ショックびっくり

例えると、梅田の阪急百貨店本店が、
アメリカのウォルマートやコストコになっちゃった、
それくらいの衝撃。

でも恐るべし「上海灘」。
次の本店が出来るまでの間、「我々は遊牧民だ!」と
フェリー乗り場のビルの屋上にゲルを作り、
仮店舗営業をしているらしい。

なんというたくましさ!!

香港らしいネタやな〜と思う反面、
どんなことがあっても、それをプラスに転じる臨機応変さ。

自分の人生でも身につけたいものだ。

ガンになっても、ポジティブに生きていこうよね。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村



Pagetop

Calendar

<< December 2011 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code