2013.08.14 Wednesday

夏バテなのか、
ストレスなのか、
ここしばらく食欲もなく、
胃の調子も悪く。

いつも行っている漢方医の先生に見てもらったら

「うわっ、お腹冷たい。全然動いていませんよ」

って。


以前、人間ドックで、萎縮性胃炎と言われ、
ピロリ菌の検査を一度オススメします。
と言われていたことを思い出し、

検査をしてみました。

検査といっても、その方法は採血のみ。

ピロリ菌とペプシノゲン。

結果はいずれも陰性。

胃がんの危険度は低いとのことで、
とりあえず一安心した今日の検査結果でした。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2013.04.20 Saturday

結膜炎になってしまった。

白目部分が真っ赤になり、
さらに、目やに、涙、ゴロゴロ異物感・・・。

2日たっても全く治らず、
気持ち悪いくらいの充血に
眼帯をして隠していたのだが、
片目での仕事、通勤は、
とにかく不便で。

眼科へ行ってきたのだが、

「先ず、手を洗ってください」
と開口一番、
症状を見た看護師さんに言われてしまった。

眼科で手洗い?!

なんでやねん??

そして、先生の診察を待つ間も、

「こちらでお待ちください」

と、案内されたのは他の人から離れた隅の方。

なんでやねん??

先生も、私の診察の前に
ゴムの手袋をそそくさと、おはめになって・・・。

なんでやねん??


「はやり目(流行性角結膜炎)」かも、
との診断でした。

「風邪ひいてますか?」と
意味不明な質問をされたのだが

(ハイ、先週熱出してましたよ、そういえば。)

なんでも「はやり目」は
風邪のウイルスによって起こるのだそうだ。

「はやり目」だったならば、
とにかく感染力が強いのが特徴らしく、
接触感染で拡散するそうなので
家族で暮らしているなら、タオルや洗面器は別に。
お風呂は最後に入り残り湯は捨てる。
出来れば会社は休むこと。

などなど、
他人へうつさない注意点がいっぱい。


だからなのね、
こんな不当な(笑)扱いを受けるのは・・・と
合点したのでした。

お会計も、
人とは違う隅の方で待たされ、
最後の最後まで、
なんとも居心地の悪い時間を過ごしたのでした。


抗菌剤のクラビット点眼液と
ステロイド剤のフルメトロン点眼液を
処方され、

ウイルス性の「はやり目」だったら、
完治に1〜2週間。

細菌による結膜炎だったら、
2・3日で良くなってくるそう。

この状態で1〜2週間は、
めっちゃしんどいな〜と、
ブルーになっていたのだが、

目薬をさして、3日目の今日。
とりあえず、
充血は綺麗に治まってきましたよ。

不当な扱いを受ける必要のない
普通の結膜炎だったんじゃな〜〜い??

そうだったら嬉しいんだけどな。

もうしばらく目薬、続けてみます。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2013.03.23 Saturday

先日、人間ドックで初体験した
「鼻から胃カメラ」。

昨年は、口から胃カメラだったのだが
正直かなりしんどくて。

その時のレポートはコチラ↓
http://miyukilinji.blog.bai.ne.jp/?eid=194610


鼻の方が楽チンだよ!と言われていたのだが、

それでも、

いくら細いカメラとはいえ、

こんな小さい鼻の穴をカメラが通って行くなんて・・・。

想像するだけでも
鼻が痛くなるショック
(鼻に水が入った時の、あのいや〜な痛みネ)

「胃カメラを受ける方へ」

もらった説明書きには、

「オエッ、オエッとすることはなく〜〜」と
他は硬い表現で綴られているのに
なぜかココだけ、ものすごく直接的な具体的な擬音語が(笑)


で、実際はどうだったかと言えば。

先ず、胃の中をきれいにする液体を飲んだ後、
両鼻の奥にスポイトのようなもので
ゼリー状の麻酔をチューと注入される。

だんだんと鼻の奥から喉に流れてきて
しかも、流れてきたものは飲んでくださいと言われ、
ものすごく気持ちが悪い。

「どっちの方が通ってますか?」
と聞かれ、

「左かな〜」と答える間もなく、
心の準備もないままに、
海へびのような胃カメラを突っ込まれていました。

「いてっ」

麻酔が効いているとはいえ、
鼻の奥に達した時はちょぴり痛みが。

その後は、
確かに口から胃カメラよりは
楽チンだったかな?

なんたって、先生と一緒に画面を見ながら
お話できる。
(口から胃カメラの時はそんな余裕は全くなかった)

毎年指摘されるポリープは今年も健在だったが、
やはり心配ないポリープと言われ、ちと安心。

が、

「萎縮性胃炎ですね〜」

って。

一部粘膜が薄くなって
下の血管が透けて見えていたのだが
コレが、その萎縮性胃炎なんだそうだ。

「一度ピロリ菌の検査をした方がいいかも」
だそうだ。

ついこの間、ピロリ菌が原因の慢性胃炎の除菌治療に
健康保険が適用されたという情報も
胃カメラ先生は教えてくれた。

ピロリ菌、退治しておこうかな。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2013.03.13 Wednesday

今日は、人間ドックの日。

今回は、
「鼻から胃カメラ」の初体験の予定で、
いつになく足取り重く向かった人間ドックだったのだけど、

やはり汗

口から胃カメラよりは幾分は楽(個人的感想)
とはいえ、
やっぱり苦しい検査には違いなく・・・。

こちらはまた後日別途レポートいたします。


それよりも、
今日は慣れっこの「採血」で、
思いがけず、つまずいてしまった。

確かに、最近、血管が浮き出ないことが多かった。

でも、

今日は、

叩いても、
さすっても、
グーパーを繰り返しても
全く出現してくれない私の血管。

「出来れば、痛い手首や手の甲は
避けてほしいのですが・・・」
という私の願望を、
看護師さんはきちんと聞いてくれて、
ベッドのある別室へ。

そしてベッドで寝ながらの採血にびっくり

心臓より低くすることで
血管が出やすくなるそうで、

こんな採血スタイルもあるのね〜。

「手術をした後、
血管が出なくなる人、意外と多いのよ」
とのことらしいが、

へぇぇ〜!!

である。


なんとか針を刺した後も、

それでも、

なかなか血が出ず、

かなりの長い時間、
絶えず、吸引されながら
血を抽出され続け、

採血だけでもうグッタリの
人間ドックでしたショック

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2012.05.21 Monday

今日は、ゾラ4回目&月1の診察の日。

今日のゾラは、
1回目のゾラを打ってくれた上手な看護師さんだったので
ああ、良かった!と安心していたのだが、
今日はちょいと痛かった。

「朝の金環日食見た???」
「見ました〜!!」
「いけないけど裸眼で見ちゃったのよね〜」
と盛り上がり、

「目がチカチカしちゃってね〜」
なんてお互い話してたんだよね。

だからか〜。

チカチカ目で注射されたから痛かったんだね、きっと。

で、私の主治医とは、
「病院への通勤中で見れなかった、ああ残念」
いう話をして

その後、

実は、人生初の泌尿器科へ行って来た。

というのも、
先日の人間ドックの腹部超音波検査で
膀胱に「隆起性病変の疑い。精密検査要」
なんて結果が出てしまったのだ。

膀胱に転移なんて話はあまりないらしいが、
でも「隆起性」という言葉にちょっぴり不安も覚え、
今日の外科の診察後に、予約を入れてもらったのでした。

で、泌尿器科の先生は、
これまたお若い、北村一輝似の先生だった。

尿が入っていない膀胱はしぼんでいるので、
超音波では良く分からないところもあるらしい。

「ぼうこうきょうしつ」で内視鏡検査をしましょう!
って。

膀胱教室???

なんやそれ??

と思ったら、
膀胱鏡室でした(笑)


先日の胃カメラに続き、またまたカメラを飲むはめに。
(今日は飲むとは言わないけどね)

産婦人科と同じような椅子に腰掛け、
ゼリー状の麻酔薬をチューっと入れられ、
ああ、よかった、
女の人がやってくれるんだと思っていたら
あの北村一輝が現れた。

こうなったら、もうまな板の上の鯉状態と
覚悟を決めたが、
麻酔のおかげで、違和感はあるものの痛みはなく、
それ以上に初めて目にする自分の膀胱内に興味津々。

胃の中と同様、膀胱内も綺麗だったのだが、
突然、ふじつぼのような隆起が目に入ったとたん、

ブチッ!!

画面が急に真っ暗に。

以前いざこざがあった某O社の
先月導入したばかりの最新の内視鏡システムらしいのだが、
どうも接触が悪いのか、
私の検査中に、3、4回はブチッと画面が消え、
その度に、私は、お腹にカメラをいれたまま待ちぼうけ。

かなり情けない姿だよね。


結局、そのふじつぼの正体は、
腎臓から尿が送り込まれる入り口らしく、
これが超音波で隆起性病変と疑われたらしいです。

何はともあれ一安心。


今日は午後から会社。
今から会社へ行ってきま〜す。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2012.04.10 Tuesday

昨日、胃のポリープの再検査で
初めて胃カメラを体験してきました。


先ず、最初に胃を綺麗にするという
怪しげな液体の薬を飲まされ、
その後、のどの麻酔。

透明なゼリー状の麻酔を注射器型の器具で
喉の奥にめがけて注入。
これをなるべく喉の奥の方に、
約2分間ためておかなくてはいけないのだけど、
どうも、上手くいかない。

効いてくると喉が腫れぼったく感じるらしいのだけど、
アレレ??
私ったら、舌の感触がなくなってきたぞ。

もしかしたら、
本来麻酔がかからなくてはいけない場所に
かかっていないんじゃないのか??と不安になりながらも
次は、胃の運動を抑える筋肉注射を打たれ、
最後に再度液体の麻酔をのどの奥にスプレーされ、
いざ、出陣。

ベッドの上で、左下に横向きに寝て、
口にマウスピースをはめて。

頭が電気でチカチカ光り、
くねくねした胴体を持つ、
きっと深海にいけば、
こんな海蛇、いるに違いないと思われる、
そんな胃カメラがゆっくり口から入っていく。

痛くはないんだけど、
ちょうど喉を通過する時は、噂どおりしんどい。

(ご飯中の方がいたら、ごめんなさい)
文字通り、オエッ、オエッの繰り返し。

つばを飲み込むとむせると言われたけど、
飲んでも、飲まなくても、なんともいえない不快さ。

でも、
ずっと看護婦さんが背中をさすってくれていたからか、
カメラが胃に入ってしまえば、
体の中にカメラが入っているという感覚は
ほとんどない。

でも、空気を送りながら写真を撮っているらしいので、
胃が張って、
結構大きな音でゴロゴロと鳴ったりしちゃう。

さらによだれも大量にたれてきちゃう・・・。

今回は女性の技師さんだったけど、
コレがイケメン男子にされていたら、
とんでもない赤面モンだ。

こんな状態が約10分。

やっと終わった(正直な感想)後、
やはりあのゼリー状の麻酔が失敗だったのか、
喉が結構痛くて、
ぐったりしていたのだが、

近くに座っていたおばあちゃん達は、
「前はね〜、鼻からカメラ入れたんだけど、
 それに比べれば、口のヤツは全然楽やわ〜!!!!」と
それはそれは楽しげに話していた。

はぁ〜、そうなんですか、
これで楽なんですか・・・冷や汗


で、その後の先生の診察。
自分で言うのもナンですが、
胃の中はとっても綺麗で、
ポリープもバッチリ写っていたけど、
なまめかしい綺麗なポリープ♪

問題ないポリープだそうです。

これから胃の検査をする時は、
胃カメラがいいよと、薦められました。

不快さでは、バリウムとどっこいどっこいでした。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2012.03.28 Wednesday

実は、私、
こんなモノ持っていても嬉しくないけど、
ポリープ持ち。

胃に、
5个らいの大きさのがいくつか。

毎年、人間ドックの胃部X線検査で
(いわゆるバリウム飲むやつね)
指摘されるのである。

でも、痛いとか、もたれるとか、
特に自覚症状もないので、
毎年要経過観察で終わっている。

で、今年も、
やはりポリちゃんはきちんと写っていた。

何回やってもあのバリウムって好きになれないのよね。
そして、飲んだ後、胃の内壁に行き渡るよう
ベッドの上をぐるぐる、ごそごそ回らされるのも
はっきり言って苦手だ。

ゲップをしないように・・・という心配に、
今年はぐるぐるしているうちに
ウイッグがずれてしまわないかという心配も加わり、
いつになく落ち着かない、バリウム検査なのであった。

で、今年も消えていなかったそのポリープ、
多分なんでもないと思うけど、
今度は胃カメラで再検査をしましょうってことになった。

よくよく聞けば、
X線だと、
ポリープが「存在してる」しか分からないけど、
胃カメラなら、
そのポリープの色や状態が生で分かるから
どんなポリープなのかが判明すると。

よく考えれば(よく考えなくてもだな・・・ショック
当たり前のことだけどさ〜、
早く教えてくれよ〜〜。

胃の検査は、事前にバリウムか胃カメラかが選択できるだけど、
そんなら、最初から胃カメラを選択しておくんだった冷や汗

無駄に再来週、
胃カメラを飲むはめになってしまったわけだショック


ところで、今年は、
いつもの所で、今年度中にドックの予約が取れなかったため、
昨年までとは違う病院で人間ドックを受けた。

昨年と同じ病院だったら、
何も知らないままバリウムを飲んで
もしかしたら、また要経過観察だけだったかも。

そう考えると、
再検査の結果が何ともなかったとしても、
たまには違う病院で、
違う観点で見てもらうのも良かったのかもしれない。


というのも、昨日のオフ会。
実は、皆、同じ乳がんなのに、
しかも、ほとんどがホルモン感受性の高い
ホルモンヌばかりだったのに、
見事に、治療方針が異なっていたのだ。

そう、
病院によって、
ドクターによって、
治療方針や診立てが異なってくるという事実。

だからセカンドオピニオンっていう制度があるんだと思うけど。

いたずらにドクターショッピングすることは
ナンセンス。
でも、複雑な人間の体を、
複数の目で見てもらう重要性も確かにある。

人間ドックでも同じことが言えるのかもね。


胃カメラ体験記はまたアップしま〜す!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

Pagetop

Calendar

<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code