2014.08.26 Tuesday

今日は放射線科の診察の日。

放射線治療から、すでに約2年半。

正直言うと、あまりその必要性を感じられない
放射線科の診察。
いったいいつまで続くのだろう?
とドクターに聞いてみた。

5年は診させてくださいって。

ピークはすぎたけど、
放射線治療による肺炎の可能性が
少なからずまだあるんですよ、と。

放射線の影響ってのは案外長く続くらしいのだ。

そういえば、
放射線を照射した左胸はいまだに汗をかかない。


放射線科の診察は、半年に一度
あと2年半続きます。

タスオミンもそうだけど、
がん治療って息の長いものが多いよね…。

2014.04.15 Tuesday

今日は、放射線科の診察。

放射線治療が終わってから、
すでに2年1ヶ月。

もう、私の左胸には、
その時の影響は全く見られないので、
放射線科に行く意味が
はっきり言って見出せないワタクシ。

でも、こんな景色を楽しめました。
さくら

少し早めに着いてしまったので、
病院内の公園でお花見。

今年はこれで見納めかな〜〜。

2013.04.23 Tuesday

今日は、約4ヶ月ぶりの放射線科の診察だった。

25日間の放射線治療が終了してから
約1年1ヶ月。

私の左胸はと言えば、
今では、
ぱっと見は綺麗な肌色に戻ったものの、
いまだにお風呂上りや、お酒を飲んだ後は、
放射線を照射したところがスクエアに赤くなり・・・、

また、そこだけ汗をかくこともなく・・・、

な、状態は相変わらず。

でも、
「肌も、傷痕も順調ですね」と
新しい女医さんから、今日はお墨付きをもらった。

(もともと某O大学からの助っ人だった僕ちゃん先生は
 異動された模様。)


かなり若く、綺麗で優しそうな女医さん。

ついでなので、
以前から気になっていた左胸のしこりについて
視触診をしてもらい、ちょっと聞いてみた。

手術の時には、
皮膚の下では乳腺をつないだり、寄せたり、
色々なことをしているから、
しこり状の塊が出来ることはよくあることなのだそう。

ただ、残念ながら、
視触診では、
癌のしこりと識別することは困難なので、
定期的に超音波検査をして経過観察するしかないと。


実は、
先日の人間ドックでは、
「かなり怪しい」との診断をもらっていた。

別に主治医を信頼していないわけではないけど、

どこかで、ハッキリ

「大丈夫!!」

って明確に言って欲しいワタシがいる。

そういう回答が返ってくることは
分かりきっていたけど、

このシロ・クロつかない
中途半端な回答に、
結局、またスッキリしない日々が続くのだよね。

癌経験者の苦悩は続く・・・(涙)


でも、今日は嬉しい出来事もあった。

なんと、
放射線治療に通っていた時に知り合いになった
はるはるさんに、久しぶりに再会!!

そうそう頻繁にくる科でもないので、
すごい偶然に、
人目をはばからず
待合室で、めちゃ盛り上がり(笑)

そろそろ、またオフ会したくなってきたな〜。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2012.08.09 Thursday

最後の放射線治療から、
もうすぐ5ヶ月。

照射した左胸は、
ほぼ普通の肌色に戻ってきた。


でも、

お酒を飲むと、
左胸だけが真っ赤になる。

このくそ暑い中、
(お下品な表現、すみません汗
なんと、
左胸だけが汗をかかず、べたつかない。

こころなしか、
なんとなく熱も持っていたりして。

色と柔らかさが普通に戻るまで、
年単位とは聞いていたけど、

未だに
私の左胸の中では何が起きているのだろう?

恐るべし、放射線。

でも、コレが、
再発を封じこめてくれていると信じたいものだ。


ところで、

折りしも、今日は長崎に原爆が投下された日。

今年はオリンピックイヤーだからか、
テレビでもほとんど取り上げられていないよね。

私は、何が出来るわけではないけど、
日本人として
忘れることだけはしたくないと思う。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2012.03.24 Saturday

放射線治療が終わって、今日で9日目。

先生や、看護師さんや、ブログ仲間の方の言う通り、
今、私の脇の下や胸は
日焼け後のように皮がめくれ、まだら模様。
はっきり言って、ちょっときちゃないショック


ということで、忘れないうちに、
放射線治療のおさらいをまとめておこうと思う。


私の場合・・・25回照射(1回2グレイの合計50グレイ)

1〜10回目・・・
  全く変化なし。
11回目・・・
  この辺りから、少し皮膚の色に変化。
15回目・・・
  さらに皮膚の色が赤くなってくる。
  痒みはまだないが、脇の下あたりがひりひりしだす。
20回目・・・
  とうとう痒みが出てきた。皮膚も乾燥気味に。
  皮膚の色もさらに赤くなってくる。
22回目・・・
  痒みが我慢できなくなり、塗り薬を処方してもらう。
23〜25回目・・・
  痒さピーク。
  皮膚もさらに赤くなり、毛穴の黒ずみも目立ち、いちごのよう。

そして、放射線終了後4〜9日目・・・
  皮膚の赤味は徐々に薄くなってきたが、
  まさに日焼け同様、脇の下、胸の一部の皮がめくれる。
  痒くて掻くとポロポロと赤黒い皮がめくれ、
  皮膚が弱っているのか、一部はかさぶたになる。


でもね、
めくれた後の皮膚が白く綺麗なのが、せめてもの救い嬉しい

ちなみに、放射線治療中は、
綿100%のワイヤーなしのブラに
無印良品の縫い目なしの綿100%の下着を着用。

この綿100%防衛が、そんなにひどくならなかった秘訣かも。
今思えば。

ところで、今日は、高校の時の友人とランチ。
大好きな「MANGO TREE CAFE」でパッタイランチの後、
「RATISSERIE TOOTH TOOTH」でケーキセットを
ペロリと平らげてしまった。

美味しいものは、やっぱり、やめられない冷や汗

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2012.03.15 Thursday

本日、解放。

無事、25回の放射線治療が終わりました。

通院し始めた頃は、
しつこく残っていた抗がん剤の副作用の足のだるさ・筋肉痛で
たかだか病院までの10分ほどの自転車も
休み休みでないとこげなかったのに、
今では普通にスイスイこげるようになった。

そして、容赦ない冷たい六甲おろしも
春の温かい日差しにとって代わるようになってきた。


毎日毎日の通院は、正直、
体力的にも精神的にも想像以上に苦しかった。

でも、体力を戻すのには、
ちょうどいい運動だったかもしれない。

目に見えて体力が戻ってきていることを実感できたしね。



まだ、1ヶ月くらいは温泉、入浴剤は厳禁だと。
皮膚のマジックも無理やり消すようなことはしないように
してくださいとのこと。

それだけ皮膚が弱くなっているんだね。

マジックを消さないように、
痒み止めの薬も恐る恐る塗らなくてはいけなかったり、
お風呂もゆっくり入れなかったりと、
そんなストレスから解放されるのもちょっと嬉しい。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2012.03.13 Tuesday

放射線治療23日目。

照射してから、
10日たっても、15日たっても
言われていたような皮膚の変化はなく、
抗がん剤の時同様、
またまた私、副作用軽い〜??なんて
たかをくくっていたけど、

最後の最後に、
やっぱりやってきた。

左胸側は、胸を囲むように
四角に真っ赤。
左側の体の側面、そして脇の下まで。

放射線は実際、目には見えないが、
ここに当たってますと、
これ見よがしに主張しているような赤さが
日に日に濃くなってきている。

ついでに、毛穴も焼かれているのか、
一部イチゴみたいに赤黒いぶつぶつに。

はっきり言って醜い。

元に戻るとは言われているけど、
本当に元に戻ってもらわないと
困っちゃうな。


そして痒さもピーク。

昔、蚊にさされたら爪でバッテンしたりしてたけど、
そのバッテンを左胸側いっぱいにつけたい衝動に駆られている。

病院で処方してもらったリンデロンクリームも
マジックがとれるからか、
塗りこむようではなく叩き込むように塗るよう
指導された。

でも、いったん痒い〜となると、
そんなことすぐ忘れちゃうんだよね。

バッテンをつけて、一部かさぶたにしてしまった。

リンデロンクリームもやみくもに塗ってたら
ああ、マジックが消えかけ。

技師さん、ごめんなさい汗

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2012.03.12 Monday

放射線治療22日目。

あと3回だ嬉しい!!

この週末で、
照射したところがさらに赤く、醜く、かさかさにしょんぼり

痒さもひどくなったきたので、
今日は、リンデロンクリームを処方してもらってきた。

ああ、痒い汗


さて、なんで今頃悲しい第二段。

今度は、爪が割れてしまった。

抗がん剤のせいで
爪が黒くなって、
横縞の段差が出来てしまった。

その後、爪も順調に伸び、
今はちょうど爪の真ん中に横一本、
溝が出来ている感じになっている。

で、そんな爪の、
右手の中指の爪が、
その溝にそって端から割れているのを昨日発見してしまった。

なんか微妙に痛いと思ってたんだ。

えらいこっちゃだ。

こんな爪のど真ん中で、これ以上割れてしまったら、
すごく痛いにちがいない冷や汗

ということで、
マニキュアをし、
ジェルネイル風になるトップコートを何重にも塗り、
その上からさらにお花模様のシールも貼って応急処置。

どうか、このまま、何事もなく爪が伸びてくれますように。

神様、お願いします。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2012.03.09 Friday

放射線治療も、とうとう21回目。

日焼けのように皮膚がさらに赤くなり、
痒みも出てきましたしょんぼり

診察は今日が最後なので、
僕ちゃん先生はいつもより饒舌。

放射線治療が終わった後も
2週間くらいは気をつけてくださいね〜って。

まれに半年〜1年後に、
肺炎になる人がいるから
(多少肺にも放射線が照射されているから)
咳が出たら病院に来てくださいね〜って。

2ヵ月後に皮膚の状態を再度診ますっていうので
予約も入れてきた。


ところで、昨日、赤ちゃんを産んだ友人宅へ
遊びに行ってきた。

赤ちゃん、めちゃくちゃかわいかったんだけど、

私の髪の毛と、

眉毛と、

睫毛・・・。

2ヵ月半の赤ちゃんにどれも負けてた冷や汗


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2012.03.02 Friday

今日は雨雨

そして、放射線17日目。

相変わらず、気分は今日の天気のようにどよ〜んだしょんぼり

ところで、ビームで照射している側が
とうとう日焼けのように赤くなってきた。

マジックで書かれた線から一寸たりともはみ出ることなく
ピッタンコ、日焼けしている。

当たり前だけど、すごいね。

脇もちょっとヒリヒリしてきたかな。


今日は一週間に一回の僕ちゃんドクターの診察だった。

毎回毎回、全く盛り上がらない問診だけど、
「痛いようなら、診察日じゃなくても
いつでも言ってくださいね。」

ウツウツな心には素直に響く嬉しいお言葉。

お気に入りの放射線技師くんも
「体調大丈夫ですか??」
と優しく声をかけてくれ、
ウツウツな心にじわ〜んとしみ込んできた。

こういう、
本当にささやかな喜怒哀楽(特に喜と楽ね)でさえ、
普段は全然ないから、
放射線治療って心がやられちゃうのかも。

本日の気分上げ上げグッズ。
れんじ

友人が誕生日プレゼントにくれた
見た目にもカラフルな、レンジで料理が作れる簡単グッズ。
おひとり様用サイズで、色々と便利に使えそうだわ。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2012.02.29 Wednesday

放射線治療15日目。
あと10回、というところまで来ました。

抗がん剤に比べれば、さしたる副作用もなく
はっきり言って退屈な治療だ。

でも、
毎日毎日治療に病院に行くって作業が
思いのほか、体にこたえている。

なんやろね。

この単調さゆえ?

寒い中、チャリンコ通院だから?

抗がん剤もホルモン治療もそうだけど、
主な目的が再発防止なもんだから、
治療の結果がすぐさま目に見えないってのが
辛くもあり、
モチベーションが上がらない大きな理由でもある。

ホルモンの副作用に、
‘うつ’ってのがあるらしいのだが、
それもあるのだろうか??

でも今日は友人が車を出してくれて
病院の後、一緒にランチへ行ってきました。

昨年、西北に出来た
「野菜ビストロ Les Legumes(レギュームと読むらしい)」。

平日ってこともあって、
客は100%妙齢女子オンリー。

前菜。
人参のムースもキャベツとさつまいものスープも絶品♪
れ1

メインは、ストウブで蒸し煮したお野菜たち。
オリーブオイルと白ワインで蒸し煮しただけらしいけど、
これも絶品♪
れ2

ゲンキンなもんで、
美味しいものを食べて、
ペチャクチャおしゃべりしたら
気分も復活。

明日も放射線治療、頑張って行ってきます嬉しい

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2012.02.21 Tuesday

放射線治療の、
しかも冬に受ける場合のつらいところ。

それはお風呂にゆっくり入れないこと。

体に書かれているマジックを消してはいけないので
ぬるめの湯にしか浸かってはいけないのだ。

消さないようにと
体を洗うのも手でそ〜っと
タオルで体を拭くのもそ〜っと。

これが意外と気を遣う作業なのである。

しかも、放射線で弱っている皮膚への刺激を抑えるために
入浴剤も厳禁だと。

寒〜い冬なのに・・・
冷え性なのに・・・
「汗だししょうが」なるぽかぽか入浴剤も買っちゃったのに・・・
女性ホルモン減少中につき、
せめてバラの香りの入浴剤で女子力アップに励まなきゃいけないのに・・・
ゆっくり熱いお湯に浸かれないなんて、
結構ストレスフル。


さて、こっそりと言いますが、
実は今日は私の42回目のバースデイ。

いちご三昧でお祝いをしてもらいましたラブ
けいき
いちご

友人から
「オバフォー街道まっしぐらやな」って言われたけど、
えっ??まだ世間一般的には「アラフォー」で通用するよね??

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2012.02.20 Monday

放射線治療8日目。
今のところ、順調に進んでいる。

途中でぼこっと休んでしまうと
その効果がなくなってしまうらしい放射線治療。

見た目おとなしそうな看護師さんだったが、
「38℃以下の熱なら、病院に来てください」と
文句を言わせない勢いで言われた。

発熱よりも、

風邪よりも

放射線治療、らしい。


でもね、正直言って、つまらない。

もちろん、いくら関西人とは言え、
治療に面白さなんか、求めてませんよ。

毎日、毎日、
10時前に病院に行って、
30分ほど待って、
呼ばれて、上半身裸になって
両手ばんざいして横になり、
ほんの1分ほどビームを浴びて。

それだけ。

うちのリニアック室には
いつもクラシック音楽が流れているのだけど、
聞いている暇さえない。

そして、もはや、若い技師さんに胸を見られようが、
脇を見られようが
恥ずかしいなんていう羞恥心もどこへやら、全くないし。

でも好奇心旺盛な私は、
このリニアックの機械がどうなっているのか
本当は聞きたくてうずうずしているの。

壁に埋め込まれた画面に映るこの赤い数字は何〜?
天井からぶら下がっているスイッチをひっぱると
かつて、直流と交流の切り替えで
近江塩津あたりで瞬停になっていたみたいに一瞬暗くなるのはなぜ〜?

まるで子供のように聞きたいことがいっぱい。

でも、
なんせ一日に60人以上がこの治療を受けているらしく
放射線治療は本当に流れ作業。

着替えもちゃっちゃとすまさなきゃ怒られそうな
雰囲気いっぱい。

でもいつか絶対聞いてやろうと
タイミングを見計らっていますグッド

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村



2012.02.10 Friday

放射線治療3日目の今日は、
週一回のドクターの診察日。

今日は、前回のザ・理科系ドクターではなく、
非常勤のドクターでした。

うちの病院の放射線科は、
患者がいない時は、診察室がオープンになっていて丸見え。
以前から若そうな先生だなと覗いていたのだが、
近くで見たら、なおさらびっくり
どこからどう見ても、小学生の僕ちゃんだった。

そして、まだ2回しか放射線を受けていないので
話題も何もないのだが、案の定・・・

「具合はどうですか〜?」

「はい、大丈夫です〜」

シ〜ン・・・。

(ちょっとここで、先生オロオロ)

きっと「最後から二度目の恋」の
小泉今日子扮するアラフォー女子が
新入社員をいじめているような、
そんな図に見えているに違いない。

だって、話すことないんだも〜ん。

ということで、
放射線の治療も診察もあっという間に終わってしまった。


来週月曜日は治療をお休みするので、
マジックの上書きを頼んでみた。

「すぐ、マジックが消えちゃうんですよ〜」

そしたら技師さんったら、
「若い方は皮膚の新陳代謝が早く、
マジックを消そうとする力が強いんですよ〜」
って答えてくれたラブ

いや、全然若くはないんですけどね汗汗

でも、他のがん患者に比べたら、乳がん患者って若いんだよね。
他のがんの羅漢年齢は60〜70歳代以上が多数だけど、
乳がんは40歳代からが多数。

確かに入院中も、
私、老人ホームに入所したんだっけ?!と
回りを見渡した覚えがある。

放射線科の待合室を見ても、
乳がんの人は多いけど、
多分今のところ、一番年下っぽいもんな。

でも、こんなところで、
しかも‘相対的な若さ自慢'してもしょうがないよなぁ冷や汗


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2012.02.09 Thursday

今日は放射線治療2日目。

40分ほど待たされて、
治療はものの1分で終わってしまった。
右上からビーム30秒、
左横からビーム30秒。

今日は、残念ながら
これ以上何も書くことがない・・・。
ハイ、おしまい。

あっそうそう、
本日のお会計 4,470円。
これがあと、23回ね。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2012.02.08 Wednesday

今日から、放射線治療がスタート。

で、私、今、こんなんなってますびっくり



今日も、放射線の位置決めもあり、
真剣な眼差しの大の大人二人に左右から囲まれ、
前回よりさらにマジックによる線が追加されました。


多分ここから放射線ビームが出てくるのだろうと思われる
板みたいなのが、
私が横になっているベッドの真横へ、左上へ、右上へ。

その板の角度を変える度に
技師さんたちがそそくさと部屋から出て行き、
ビーという音がなり、
ああ、今、きっと放射線が出ているのね、と
想像してみる。

放射線と言っても、
別に目に見えるわけでもなく、
当たっているという実感も全くなく、
勿論熱くも、痛くも、痒くもなく。

いったいどんな模様が描かれたのだろう?
いったい全体どんな機械なんだろう?
と気になって気になって仕方ないのだけど、
頭は、頭型に頭を入れ固定されているし
動かないでください!ときつく言われているので、
目の玉だけを思いっきり下に右に左に回してみるも
結局は、目が疲れるだけやったわ・・・。

最後に、またまたマジックの上にシールを貼られ、
今日は20分くらいで終わり。

本日のお会計
前回のCTとあわせて 18,060円。


家に帰ってみたらブラジャーに
マジックの色がこびりついていた。

そういえば、
「昔ね、マジックの色落ちで私の高級下着がだいなし。
どうしてくれるのよ!!というクレームがあったんで、
下着は安物でね」
と前回の診察の時、ドクターから言われたんだった。

まあ、1,900円のブラだから、いいちゃいいんだけどショック


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2012.02.03 Friday

今日は、来週から始まる放射線治療の
位置決めのCTを受けに病院へ。

上半身裸で腕を上に挙げた状態で約20分。
CTによる撮影と、
上半身にマジックで落書き、いや違う汗違う汗
マーキングされてきました。

ちょっと補足をすると、
狙ったところにきちんと放射線が当たるよう、
皮膚にも目印が書かれるのです。

大の大人二人が真剣に私の裸の上半身に
油性マジックでお絵かき+シール貼り(マジックがとれないように)。

体の正面に十字模様、
側面にも油性マジック。

そう、私の上半身は、
まるで、なみ縫いされた雑巾のような感じですびっくり


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

2012.02.02 Thursday

いつまでたっても布団から出られない超寒い日でしたが、
今日は初めての放射線科の診察に行ってきました。

診察室に呼ばれ、
さあ、放射線の説明が始まるぞ!と思いきや、
3月の人間ドックから、
9月にこの病院に紹介されて来た時のエコー検査、
10月の手術、現在のホルモン治療までの
今までのヒストリーから始まりました。

MRIの3D画像とか、
手術の時に切り取った組織の画像、
その組織が切り刻まれた姿など、
初めてみる画像に、興味津々、前のめり。

思わず、「あなた、主治医ですか?!」と
突っ込みをいれたくなるくらいの素晴らしい振り返りでした。


で、そこで衝撃の事実が分かってしまった。

ずっと私はグレード2やと思ってたんだけど、

グレード3だと。

「手術後の病理検査でグレード3となってます。」だと。

あれれ〜?? ケモブレイン??
病理検査の結果を聞いたときはまだケモ始まってないぞ。

まあ、どちらにしても、私のがん細胞はピチピチしてるって
ことです、ハイ。

気を取り直して、放射線の治療について聞く。
私の前にもう一つパソコンがあって、
パワーポイントによる放射線治療・副作用のプレゼン。
治療費についての説明。

頭の中に、初めての患者に話すべき項目引き出しが整列していて、
それが、無駄なく開けられていく。
典型的「ザ・理科系」人間による完璧な説明で
質問の入る余地は全くもってない。

しかし、その一方で、なぜか、
こんな格好して放射線治療を受けます、という説明には、
携帯につけるようなうさぎちゃんのぬいぐるみを使用。
ちなみにうさぎちゃんが寝るベッドの役目は電卓でした。

ほんま、色んな先生がいるもんだ。

明日CTを撮って、
来週8日からやっと放射線治療が始まります。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村

Pagetop

Calendar

<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code